Now Loading...

Now Loading...

会社概要

社名
八戸酒造株式会社
屋号
近江屋
代表者名
代表取締役社長 駒井 庄三郎(八代目 蔵元)
製造銘柄
陸奥男山、陸奥八仙
所在地
〒031−0812 青森県八戸市大字湊町字本町9番地
連絡先
TEL O178−33−1171 / FAX O178−34−1174
E-mail
info@mutsu8000.com
URL
http://www.mutsu8000.com/

八戸酒造の歴史

当蔵は、元文5年(1740年)、初代駒井庄三郎が青雲の志で近江の国を出、陸奥の地にて酒造りの道に入り、以来蔵元代々酒を造り続けてきました。現在、8代目庄三郎は青森県の地酒として県産の米と酵母にこだわり、仕込み水は八戸・蟹沢地区の名水を使用した、時代が求める環境と健康に配慮した安全で美味しい酒造りに挑戦しています。

安永4年
(1775)2月
初代 
剣吉にて椛屋を開業、村市剣吉店にて酒造業開始
明治21年
(1888)10月
四代目 
湊村演通りの加藤徳次郎酒告場を譲り受け移転
明治43年
(1910)7月
五代目 
「陸奥男山」を商標登録し「男山」の付く全国で最初で唯一の商標となる
昭和19年
(1944)10月
六代目 
企業整備令により管内16の酒造家と企業合同し八戸酒類(株)初代社長に就任
平成元年〜5年
八代目 
「陸奥男山」全国新酒鑑評会にて五年連続『金賞』を受賞する
平成9年
(1997)10月
八戸酒類(株)を離脱し、旧八戸酒造にて酒造を開始する
平成11年
(1999)6月
新設の八仙酒造(株)に製造免許が付与され、社名を八戸酒造(株)に変更する
平成15年
(2003)
3月駒井酒造(株)と八戸酒造(株)が合併し、社名を八戸酒造(株)とする

八戸酒類、企業合同に関して

八戸酒類は1944年(昭和19年)、戦時下の企業整備令により青森県三八地方の造り酒屋16蔵を合同して設立された。
16蔵の内、11蔵は廃業し、5蔵がそれぞれで「八鶴」「稲川」「男山」「花開」「菊駒」の銘柄を造ることとなり、戦後、整備令が解除された後も、八戸酒類は合同したままの企業形態を維持してきた。
しかし近年になって、各工場の独自性と採算性を公正に評価しない経営体質への不満から、蔵元が八戸酒類からの分離独立を求める動きが起こり始めた。
1997年には、当時、男山工場の工場長を務めていた駒井庄三郎氏(八代目)が八戸酒類を退職し、直後に八戸酒造(八戸市)を設立。

さらに八戸酒類に対し「陸奥男山」など四銘柄の商標使用差し止め及び工場明け渡しを求め提訴し 2005年に全面勝訴したことは記憶に新しい。
今回、商標権侵害の理由で商標の使用差し止めを求め、八戸酒類を提訴した菊駒酒造の狙いも、独立して菊駒を製造することにあった。
青森県内で企業整備令によって合同されたのは、八戸酒類ばかりではない。「桃川」(おいらせ町)の前身・村井酒造店も1944年、上北郡と下北郡数社の蔵と合同し二北酒造を設立。八戸酒類とは異なり、経営者間の話し合いにより1984年、四銘柄を分離独立させて現在の社名に改称した。

受賞歴

2012年7月1日 主催:SAKE COMPETITION 実行委員会

SAKE COMPETITION 2012

純米大吟醸の部 第10位 陸奥八仙 華想い40 純米大吟醸
2012年5月25日 主催:社団法人南部杜氏協会

第93回 南部杜氏自醸清酒鑑評会

吟醸の部 優等賞 陸奥八仙
2012年9月8日 主催:美酒早慶戦実行委員会

第2回 美酒早慶戦

蔵別対抗戦 優勝 陸奥八仙 華想い40 純米大吟醸
2012年10月1日 主催:地酒研究会八戸

第1回 日本全国・地酒で乾杯2012

第一位   陸奥八仙 特別純米
2014年5月25日 主催:松尾大社 酒-1グランプリ実行委員会

第1回 松尾大社 酒-1グランプリ

クールジャパン部門 第三位 陸奥八仙 黒ラベル純米吟醸
2014年9月9日 主催:青森県酒造組合

青森県清酒鑑評会

純米酒の部 優等賞 陸奥八仙 華想い40 純米大吟醸
2014年10月1日 主催:地酒研究会八戸

第3回 日本全国・地酒で乾杯2014

第一位   陸奥八仙 特別純米
2016年5月24日 主催:社団法人南部杜氏協会

第97回 南部杜氏自醸清酒鑑評会

純米酒の部 優等賞 陸奥八仙
2016年5月24日 主催:社団法人南部杜氏協会

第97回 南部杜氏自醸清酒鑑評会

吟醸酒の部 優等賞 陸奥八仙
2016年5月24日 主催:社団法人南部杜氏協会

第97回 南部杜氏自醸清酒鑑評会

純米吟醸酒の部 優等賞 陸奥八仙
2016年5月26日 主催:独立行政法人酒類総合研究所

第104回 全国新酒鑑評会

金賞   陸奥八仙 大吟醸
2016年7月7日 主催:INTERNATIONAL WINE CHALLENGE

INTERNATIONAL WINE CHALLENGE 2016

SAKE部門 大吟醸部門 トロフィー 陸奥八仙 大吟醸
2016年7月7日 主催:INTERNATIONAL WINE CHALLENGE

INTERNATIONAL WINE CHALLENGE 2016

SAKE部門 吟醸部門 ゴールド 陸奥八仙 ピンクラベル吟醸
2016年9月3日 主催:美酒早慶戦実行委員会

第6回 美酒早慶戦

蔵別対抗戦 優勝 陸奥八仙 大吟醸
2016年9月13日 主催:青森県酒造組合

青森県清酒鑑評会

吟醸の部 優等賞 陸奥八仙 大吟醸
2016年  

東北清酒鑑評会

優等賞   陸奥八仙 華想い40 純米大吟醸
2016年12月16日 主催:純米酒大賞制定委員会

純米酒大賞2016品評会

純米大吟醸酒部門 金賞 陸奥八仙 華想い40 純米大吟醸

銘柄「陸奥八仙」の由来

中国に古くから伝わる八人の仙人(酔八仙)にまつわる故事があります。

それには、酒仙たちの様々な逸話や世俗の有り様など、興味深い酒の楽しみ方や味わい方が語られています。

「陸奥八仙」は、この故事から引用し、飲む人が酒仙の境地で酒を楽しんで頂きたいとの思いを込めて名付けた当蔵を代表する芳醇旨ロタイプの銘柄です。

酒本来のコクにまろやかな旨味が調和した後味スッキリとした純米酒。さらにきめ細やかな芳醇さが加わった純米吟醸酒。そして、杜氏の至技を極めた少量限定の大吟醸酒は、薇郁とした芳香と、甘辛酸苦渋の五味がまろやかに調和した淡麗で滑らかな喉ごしをご堪能いただけます。


がんじゃ自然酒倶楽部

蟹沢水源区域の環境保全への協力、蟹沢の自然の田んぼの再生、
そして自然米での酒造りを体験しながら、会員だけのオリジナル自然酒を作る会、
それが「がんじゃ自然酒倶楽部」です。