2011年4月アーカイブ

20110428164435.jpg

蔵からです。

夏の蔵には火入れしたお酒を寝かせて置くわけですが、低温で寝かせたい酒のタンクには冷却ジャケットを巻きます。
冷却水の循環ホースが蔵の中にニョロニョロと延びてます。

品質第一!

自宅からです。

寒くて、種もみの芽が今ひとつ出てきません。
凄く気分が落ち込みます。でも、指導を受けている農家の人曰く「寒いからもう少しかかるよ。出ると思って待ちなさい。」とのこと。
信じて待てばきっと出てくるということで、もう少し待つことにします。

20110425144313.jpg

館鼻公園からです。

蔵の近くにある館鼻公園は八戸の桜の標準木があったところで、桜の名所です。今年もいよいよとのことで、昼休みに偵察してきました。

桜は、今年もきちんと咲き始めてました。今週末くらいには見頃です。
木曜日の夜あたり、静かに夜桜でも見に来ようかな、と思いました。寒いから防寒バッチリで。

20110421213510.jpg

自宅からです。

地震からこのかた何となく落ち着かないまま過ごしてきましたが、季節の変わり目も相まってか風邪を引いてしまいました。
風邪には薬は大事ですが、今日は卵酒を作って飲むことにしました。

卵一個に砂糖を入れて溶き、熱燗を注いでよくかき混ぜると出来上がりです。
今日はこれしかなかったのでとっておきで作りました。お子さんにはアルコールをとばしてあげれば大丈夫です。

甘くてポカポカ温まってちょっとほろ酔いで、悲しい気分を吹き飛ばして風邪もすっきり治りそうです。

20110419143301.jpg

蔵からです。

今期の蔵の作業が、先週いっぱいをもって全て終了しました。

猛暑による米の出来具合や震災など、酒屋泣かせの出来事ばかりで間違いなく忘れられない一年ではあります。それでも、一人のケガもなく無事に造り終えたことは蔵としても本当に嬉しいことです。

今期のお酒はこれからどんどん出荷されますが、皆様のお手元に届いた弊社のお酒が、少しでも沈んだ気分を明るくし、幸せな気分をつくるお手伝いになってほしいと思います。

造りは秋までお休みですが、会社は普通に営業しておりますのでお気軽にお立ち寄りください。

20110417114822.jpg

田んぼからです。

今年の苗の種まきを昨日行いました。
今年は自家採取した華吹雪を蒔いた苗箱を700枚作りました。
これから種はドンドン伸びて、5月の末には田植えの予定です。

20110415091113.jpg

蔵からです。

今日は火入れの最終日です。熱を加えて殺菌したお酒はこれから秋までしばらくお休みし、熟成されます。火入れ中の酒はアルコールがガンガン蒸発するため、タンクを覗くと顔がピリピリします。消毒されてます。

保管用のタンクは丁寧に殺菌するのですが、殺菌用の過酸化水素水が手に着くとこんなんなります。ピリピリと刺激的です。

蔵からです。

昨夜の地震では、皆様には大変なご心配やお心遣いを頂き、大変有難うございます。
蔵については特に被害もなく、本日昼頃まで停電があっただけでした。

3月11日の余震らしいですが、私たちも地震にめげず、またみんなで美味しいお酒を心から楽しめるよう業務に励みたいと思います。

20110406094210.jpg

蔵からです。

震災の影響で遅れていた芳醇超辛がいよいよ出荷になります。
旨みのある辛口、という当蔵の中では独特の酒質の商品です。男山と八仙のいいとこ取り、といったところでしょうか。

スタッフがせっせと準備して今日発送致しますので是非ご期待下さい。

20110406110136.jpg

蔵からです。

今季最後のもろみの上槽も終わり、今日は最後の粕剥がしです。
石橋さんも、少しは寂しいとは思いますが、基本的には一区切りの安堵と喜びでこの笑顔です。

20110405083736.jpg

蔵からです。

もろみも残り一本になり、造りもほぼ終わります。
そんな中、田んぼの準備も始まっています。
これは、華吹雪の種もみを水に浸けて、芽を出す準備をしています。
4月中ごろに播けるよう、あかるい春に向けて、活動が始まっています。

201104030732000.jpg

陸奥湊駅付近からです。

今朝から、蔵のある湊地区の日曜の朝市が始まりました。有名な館鼻岸壁の朝市は地震の影響で使えませんが、陸奥湊駅周辺、湊山手通りで始まりました。ウチの専務も湊地区の一員として、今朝は5時から朝市イベントの手伝いに行ってます。

品揃えは正直まだまだですが、威勢のいい客引の声に、元気をとりもどしたい八戸のハマっこの気合いと心意気を感じました。