2011年7月アーカイブ

F1000040.jpg

岩手からです。

南部杜氏協会の最終日は記念講演なんですが、今年の講師は小泉武夫先生でした。時間ができたので予定変更して聞いてきました。

日本酒の歴史に文化史・食文化史など織り交ぜて話されましたが、まとめとして「日本酒は心のケアができるお酒です」と話してました。「震災を契機に、日本人は日本らしさを取り戻そう」とも。

お酒の力は微々たるものかもはしれませんが、綿々と続く日本の歴史に必ず日本酒があるのも事実です。
技術とは違う面から美味しい酒への思いを強くしました。

F1000041.jpg

岩手県からです。

今週は蔵に人があまりいません。
専務は営業で出張、統括は資格を取りに、田んぼ部では詰め場からお手伝いを借りて作業、でもワタシは有給つかって南部杜氏協会の夏期講習会にきてます。

造り酒屋の夏はヒマだというイメージですが、ウチは夏も忙しいのでした。

20110723184156.jpg

蔵からです。

今夜は湊橋とその周辺で、八戸小唄80周年のお祭りをしています。
唄や踊りのステージが蔵に設けられ、大変盛り上がってます。

屋台も沢山出ています。近くの小中野新丁の夜店と合わせて、これから来てみてください。

20110722105643.jpg

田んぼからです。

田んぼから水が漏れているようで、すぐに干上がるようになりました。
どこかにネズミかモグラか他の何かが穴を開けているということなので、とりあえず畦に泥を塗って叩いて穴を塞ぎます。

穴を見つけられないのでとにかく一周作業しました。頼むから水漏れ止まってください。

20110721212106.jpg

自宅からです。

今日は、夏を乗り切るパワーをつけるために、我が家でも近所のスーパーで買ってきてみんなで食べました。

子供の頃は味も脂もしっかり濃いウナギをガツガツ丼で食べてましたが、今は辛めのお酒で後味さっぱり、なんて食べ方ができるようになりました。

こういったことをすると、昔憧れた粋なオトナになった気分です。年だけならもう充分大人ですが、池波正太郎にはまだまだですね。

20110721170254.jpg

青森市内からです。

今日は午後から酒造組合の勉強会で、業務統括と石橋さんと3人で青森にきました。
利き酒と県内の小売店さんをパネラーに迎えたパネルディスカッションに参加してきました。
青森のお酒がもっと皆様に愛されるための意見交換が熱く交わされました。
小売店さんにはなかなかお話聞く機会がないので新鮮かつなる程のお話でした。

今日の心残りは大ちゃんの十戒が聞けなかったことです。ブログかツイッターに期待してます。

20110720102701.jpg

蔵からです。

西蔵のタンク位置が変更になったので、設置したタンクの水平をとっています。

石橋さんが確認して、薄い木の板をタンクの足に挟んで高さを調整し、水平にします。

チキンと水平がとれないとタンク内のお酒の量が正しく測定できず税務署に捕まるので、真剣かつ慎重に作業を進めています。

20110719170555.jpg

蔵からです。

社内で色々話をしていたら、今月7月は誕生日を迎える人が多いようです。
田んぼ部の2人、詰めの3人?18日は田んぼ部長ともうひとり誕生日でした。
そして、こんなお祝いボードまで出来てました(年齢のところは自主規制で隠してます)。

それぞれが、新しい一年を仕事に自分の事を充実させていきたいと思います。
そして、「明るく楽しい蔵から美味しいお酒を!」です。

20110719111549.jpg

田んぼからです。

7月も後半です。草は更に伸びて、作業する身としては「イヤガラセ?」と訝ってしまいたくなる毎日です。

実際には自然が私達にイヤガラセしている訳もなく、こちらの思い込みみたいなものですが…
草にしてみれば、悪意はないのに抜かれてしまっていい迷惑でしょう。

生きて子孫を残したい草の事情と、雑草は駆除したい人間の事情。
私達は人間ですので感傷的にならず頑張って草取りします。

20110717153828.jpg

実家からです。

本日、たんぼ部長岩手の実家に独り帰省して法事です。延々と続く法事の飲み会にISARIBI好評でした。
四合ビン秒殺(^^ゞ

蔵からです。

風鎮祭は今日16日と明日17日、土日の2日間開催でした。

今日、これから始まります。湊地区の七夕と合わせて、是非とも足をお運びください。

20110716095502.jpg

蔵からです。

今日は、蔵も風鎮祭仕様になってます。
お祭りは夕方からなので、まだ静かです。

20110715203037.jpg

湊町本町からです。

さすが湊の屋台!
サバ塩焼串でした。

生憎の雨ですが、明日は晴れますように(-人-)

20110714171423.jpg

蔵からです。

蔵のすぐ近くにある大祐神社のお祭りに合わせて、明日から蔵の前の通りで行われる七夕の準備が行われています。

大祐神社は、地域の人々の漁の安全を祈ったところでもあるらしいです。
「風を鎮める祭り」とあるお祭りの名前が、風の強い八戸にいれば切実な思いに感じます。

今年は、風のせいではなくても、大変な思いをした人が自分含めて多かったと思います。
神社でお参りをし、七夕で短冊が書けたら、大切な人の無事と幸せを祈って書きたいと思います。

20110713212852.jpg

自宅からです。

今日は慌ただしい一日でした。振り返ってみると…


昼に、漫画みたいな夕立。でも、温かい雨なのは夏ならではかも。

作業中に虫刺され多数。ワタシは昔から写真のこれです。傷を少し掻いてから塗ってシミるようにするのがポイントです。痒みがとれますよ。

昼休みに上半身裸で昼寝したところ、真っ赤に焼けました。服着るのも大変なヒリヒリ具合です。

明日の見学は、八戸高専の皆さん。未成年の理系学生用に説明資料の作成。まさに今現在四苦八苦中。
高専ばかりでなく、学生さんたちはそろそろ期末テストでしょうか。無事に終われば楽しい夏休みですね。頑張ってください。

明日は雨の予定。骨休めになるかな?

20110711094122.jpg

田んぼからです。

昨日のイベントのときよりさらに青く抜けた空の下、今日も草取りです。
地上に自分たちだけしかいないかのような錯覚にとらわれる静かながんじゃの田んぼです。

20110712095740.jpg

田んぼからです。

昨日の昼のラジオが梅雨明けを伝えていました。
つまり、もう今日は本格的に夏です。ある意味嬉しくある意味愕然とした草取り作業中の田んぼです。

なんにせよ農作業は淡々と進めないと、特にこんなに暑い日に独りで作業するときは効率が上がりません。
そこで、腰にポケットラジオをつけて聞きながら作業をします。音楽やおしゃべりが気持ちを前向きにしてくれるので大助かりです。

梅雨明けは草取りの疲れと暑さにぐったりした状態で聞いて、なんだか更にぐったりしてしまいました。
頭の中が遊びでいっぱいのときは心躍るのですがねぇ…
まあ、ラジオに罪はないのでこれからも農作業を助けてもらいましょう!

いっそあさぷりかあおもりtodayで取材こないかなぁ?(^^ゞ

20110710092407.jpg

田んぼからです。

太陽はさんさん、気温も高め、風は微風と、かなりのコンディションの中、草取りが始まりました。

思ったよりは草も少ないですが、みんなでキレイにして、イネの成長を助けたいと思います。

20110708144828.jpg

田んぼからです。

田んぼの雑草は、ひどいところでこのようになっています。これを抜くと手前のくらいスッキリします。

田んぼでは、日々イネとその他の草の激しい競争が繰り広げられています。ただ、イネ科の植物ばっかりで見分けにくいです。よーく見て、イネだけ残して抜いていきます。

20110708101916.jpg

田んぼからです。

今日は薄曇りで、ときおり雨がぱらつく絶好のコンディションの中、社内の精鋭を募り草取りをしています。
田車を押して畝間の除草はできますが、株と株の間の草は手でとるしかありません。農薬による除草は作業が楽ですが、無農薬栽培でこの手間をかけたお米はやっぱり美味しいと思います。

この調子で日曜日もいい天気だといいなぁ。

そして、何故かワタシの田靴に穴が開いてしまいました(>_<)悲しい…

20110708144828.jpg

田んぼからです。

田んぼの雑草は、ひどいところでこのようになっています。これを抜くと手前のくらいスッキリします。

田んぼでは、日々イネとその他の草の激しい競争が繰り広げられています。ただ、イネ科の植物ばっかりで見分けにくいです。よーく見て、イネだけ残して抜いていきます。

20110705235512.jpg

自宅からです。

淡々と草刈りが進んでいます。暑いのでくじけそうになりますが(^^ゞ

晩酌しながらいくつか小ネタを。

1:がんじゃ自然酒倶楽部の草取りが10日の日曜日にあります。まだまだ沢山のご参加をお待ちしております。草を、まさに根こそぎイキマショウ。

2:只今の日焼け状況は写真の通りです。ワタシの普段使っている時計は黒いG-SHOCKです。白ではありません(*_*)

3:私事ですが、先日親不知を抜かれて、まだ痛いです。腫れてます。ビックリです。思ったよりは痛くないのは年をとったからでしょうか?

4:夏吟醸は店頭在庫のみ、夏どぶろっくも在庫希少です。夏のイベント用に是非お早めのご購入を!

さあ、明日も頑張るぞ〓

20110703050502.jpg

館鼻岸壁からです。

港八戸の名物の一つ、館鼻の朝市が再開しました。震災から約4ヶ月、周辺の片付けや安全性の確認が終わり復活です。
今朝は霧が出て少し肌寒い中、夜明けともに多くの出店者ら、お客様で賑わいました。
いつものお店が変わらず出ていて、ちょっと安心です。中古車まで買える朝市は日本でここだけでしょう。浜にまた活気が戻ってきて何よりです。

さて、今夜の晩酌用に、旬の走りのハモを買って帰りまーす。

20110701193359.jpg

自宅からです。

福地の田んぼの行き帰り、真っ赤な小さな実を付けた木々が道から見えてきます。さくらんぼです。
日本第二位の産地がまさにここ、青森の南部町周辺です。今がちょうど最盛期なので、あちこちで直売してます。

田んぼの帰りに寄り道して3品種ほど買い、ウチで家族と利きさくらんぼしました。
ウチの利きさくらんぼ師(小五)によると、「甘味の強さと、甘味と酸味バランスが価格の差を生んでいる」とのことでした。

シャンパンにイチゴってありますが、清酒にさくらんぼはどうでしょうね?