2011年10月アーカイブ

NEC_0070.JPG

蔵からです。

今日洗米の米の調整をしています。
真剣な眼差しで重さを量る石橋さんでした。

NEC_0066.JPG

蔵からです。

仕込みタンクの洗浄をするので、タンクの中に入っています。
石橋さんを見ながら、「麹菌にはきっとこんな風に見えてるんだろうなあ」などと考えました。
それにしても、石橋さん偉そうに見えるのはなぜ?

NEC_0057.JPG

蔵からです。

柔らかい秋の日差しが土蔵を照らす、暖かい10月の土曜日の午後です。


がしかし、仕込みは温度が上がって大変です。
酒屋の仕事の朝が早いのは気温の低い時間を狙って行うためですが、こんなでは、ウチの蔵ももっと早くから始めなくてはいけなくなるかもしれません。

このときばかりは早く寒くなってほしいものです。

NEC_0055.JPG

蔵からです。

仕込んで二日目のもろみはアルコール発酵が盛んで、櫂入れをするとガスが抜けるのですが、そのガスが米が飛ばしてくることがあります。

今日はたっぷりくらいました。凄く順調な発酵の証なんでよしとします(T_T)

NEC_0054.JPG

蔵からです。

今朝は麹米の引き込みでした。
まだ麹室の暖かさは有り難み薄く、暑くて大変です。

NEC_0047.JPG

蔵からです。

モトを仕込みタンクに移してます。いい匂いです。

NEC_0036.JPG

蔵からです。

蔵では仕込みが始まっています。
きまでに金の生の仕込みが終わり、どぶろっくの仕込みが進んでいます。

気温が高いため品温の管理が大変ですが、美味しいお酒ができるよう頑張ります。

NEC_0009.JPG

田んぼからです。

機械での稲刈りを昨日から始めています。
調子はまずまず?

201110071032000.jpg

蔵からです。

瓶詰めされた一升びんがコンベアに乗ってやって来ます。
等間隔を守り、行儀よいです。

201110060938000.jpg

蔵からです。

秋雨にむせぶ蔵…
ではなくて、蔵掃除をしながらボイラーの試運転中です。

こしきを乗せない釜から出上がる蒸気は、何かおどろおどろしくて、充満した真っ白な蒸気の中からなんか出てきそうです(>_<)です。

201110050959000.jpg

田んぼからです。

がんしゃの田んぼは新井田川の支流の松館川のさらに支流の馬渡川沿いにあります。草とりの時に涼む川です。

この馬渡川に、本当に少しですが鮭が遡上してきます。今日、二匹ほど見つけました。
長旅でウロコも尾びれもボロボロですが、約4年の旅を終えて生まれた場所に帰ってくる力にはグッとくるものがあります。

201110041526000.jpg

田んぼからです。

さすがに朝晩は冷えてヒトケタの気温ですが、日中はまた暖かくなりました。
田んぼ作業で汗をかくのでまた半袖です。

F1000297.jpg

蔵からです。

今日は日本酒の日です。
様々な食事が楽しめる今の日本ですが、日本酒は本当に何にでも合わせやすいお酒だと思います。
今晩、もしもこのブログを見ていたら、是非今夜の食事のお供に日本酒を試してみて下さい。

新しい発見とともに、日本酒を好きになってもらえますように。