Information

2019/06/21

"Hasen summer Kura Festival" is held on July 15 (Marine Day)

今年で3回目を迎える「八仙夏の蔵まつり」
7/15海の日に、弊社の蔵全体で開催します!

八仙と音楽、マルシェ、アート&キッズコーナーなど
大人も子どもも楽しめる夏の蔵まつり。
今年も盛りだくさんの内容でお待ちしております!

そして!2部のライブゲストはなんと坂本美雨さん!
席数限定のスペシャルライブとなっておりますので、
お早めにどうぞ!チケット発売は6/10から。

詳細は下記およびチラシをご覧ください。

**********

「八仙夏の蔵まつり2019」

○日時:2019年7月15日(月・祝)海の日
*第1部11:00~16:00 / 第2部 16:30~18:30
○メイン会場:八戸酒造(株)新井田川沿い駐車場他
(八戸市湊町本町9番地)

【第1部】「蔵びらき」
入場料1,000円(20歳以上、オリジナルグラス&樽酒or冷製甘酒付き、こどもは無料)+ドリンクチケット1枚

1◎八仙マルシェ
・料理とドリンクをお楽しみいただけます。
時間:11:00~16:00
場所:八仙マルシェ(新井田川沿い駐車場)
料金:各店舗にてキャッシュオン
出店店舗:(飲食)55kitchen&DELI、すみさけみなみ、白浜女房、がんこおやじ、庄屋、南部もぐり
(クラフト)津軽びいどろ(酒器)、他

2◎BAR 八仙
1杯300円~夏酒はじめ、限定酒や飲み比べセットも楽しめるコーナー。
時間:11:00~16:00
場所:①「八仙マルシェ」内 ②煉瓦ホール
料金:チケット制(受付にて販売、1枚300円)

3◎CAFÉ 八仙
八仙オリジナルスイーツとコーヒー、また限定の日本酒を楽しめるカフェ。川沿いの風景を眺めながらゆったりとしたひとときを。
時間:11:00~16:00
場所:CAFÉ 八仙(旧淡路カフェ、蔵の並びの川沿いの店舗)

4◎KIDS スペース
・蔵が子供たちの遊び場に?
時間:11:00~16:00
場所:西蔵前屋外スペース(新井田川沿い駐車場)
料金:無料
内容:「巨大エアドームで遊ぼう」「巨大しゃぼん玉で遊ぼう」他
協力:現代芸術教室アートイズ

5◎河合愼平ライブペインティング
アーティストの河合愼平さんによる水墨画ライブペインティング。蔵の昔の道具類や映像の展示コーナーもあり。
時間:11:00~16:00
(ライブペインティングは13:00-15:00)
場所:北蔵2階
料金:無料
DJ:NAOYA

6◎船ロック!in屋形船
・蔵のすぐそばから出発する屋形船。バンドの生演奏を楽しみながら乗船できる便もあり!
時間:11:00 1便 / 12:15 2便 / 13:30 3便 / 14:45 船ロック便
場所:新井田川沿い屋形船桟橋
料金:1,500円(かっぱえびせん付き)
受付:定員40名、要事前予約
tel:0178-35-4415 (八戸屋形船新井田丸)
協力:八戸屋形船新井田丸、みちのくリサイクル
*各便の出演者については、
船ロック(アンドウ)080-3149-5629まで。

7◎蔵見学
・弊社蔵人が建物内をご案内。
時間:11:00/12:00/13:00/14:00/15:00
(1時間毎、正味40分)
*各回20名様程度、予約優先
場所:八戸酒造酒蔵
料金:無料(がんじゃのお酒1杯付)

【第2部】坂本美雨スペシャルライブ
坂本美雨+haruka nakamura +田辺玄、
豪華メンバーによる酒蔵ライブ!
■会場:八戸酒造 北蔵前の屋内スペース
■時間:16:30~18:30 頃(開場16:00)
■料金:5,000円 入場料込み
(オリジナルグラス&樽酒or冷製甘酒付き)
中高生は2,000円(ライブのみ)、小学生以下無料
※このライブチケットで第1部も入場できます。

■ライブチケット取扱い先
①八戸酒造㈱(平日8:30~17:00)tel:0178-33-1171
➁カネイリミュージアムショップ<はっち1F>(10:00~19:00)tel:0178-20-9661
③イープラス
■購入ページURL
https://eplus.jp/sf/detail/2990720001-P0030001

※定員200名(定員になり次第締め切り)
※6月10日(月)から販売開始致します。

○主催・お問い合わせ:八戸酒造株式会社
tel.0178-33-1171
e-mail:info@www.mutsu8000.com

2019/06/12

Sake Residue Bath Bomb “Hassen Bijin no Yu” Sales start

酒粕バスボム 八仙美人の湯

各130g×6種
各680円(税込み734円)

*安永4年創業の酒蔵・八戸酒造から、
日本酒「八仙」の酒粕を使った「酒粕バスボム・八仙美人の湯」がいよいよ誕生です。

*酒蔵ならでは素材「酒粕」を主原料に、
美容に敏感な女性たちに話題の保湿成分「プロテオグリカン」を配合!
肌にうるおいを与え、すこやかに保つ浴用化粧料です。
原材料は「Mede in 東北」にこだわり、生姜パウダーや粗塩なども配合。
さらに、気分別に選べる6種類の色とアロマの香りのバリエーションも。
見た目も香りも楽しめるバスボムで、極上のバスタイムをどうぞ。

*「酒粕バスボム 八仙美人の湯」は
「日々を忙しく過ごす女性が、ゆっくりため息がつける癒しのバスタイムを。」
がコンセプト。がんばった自分へのご褒美や、大切な方へのプレゼントとしてもおすすめです。

*3つの特徴
1.日本酒「八仙」の酒粕を使用
オール青森県産のお米にこだわった「八仙」の酒粕を使用。古来からスーパーフードとして注目されている酒粕をパウダーにすることで、日本酒が苦手な方でもリラックスしやすいやさしい香りに仕上がりました。

2.女性たちに話題の保湿成分「プロテオグリカン」配合
  コラーゲンやヒアルロン酸とともに体内に存在し、「第三の美容健康成分」といわれているプロテオグリカンを配合。 お肌にうるおいを与えます。

3.「Made in 東北」にこだわった天然素材
  岩手県野田村の「粗塩」、宮城県登米市の「生姜パウダー」は、いずれも原料と製法にこだわった天然素材。お肌をやさしく包み込みます。 

4.気分で選べる、6種類の色と香り
  酒粕+アロマオイルで香りup!! ほんのりやさしい香りに包まれながら、癒しのバスタイムをお楽しみください。
  ・ピンク・・・ローズ+ゼラニウム
  ・オレンジ・・・スウィートオレンジ+シダーウッド
  ・イエロー・・・イランイラン
  ・パープル・・・ラベンダー
  ・ブルー・・・ユーカリ
  ・ホワイト・・・ナチュラル

*パッケージに込めた想い

このパッケージは、
「八仙」の名の由来となった中国の故事「酔八仙」の物語を元に作られました。
お酒が大好きなこの8人の仙人「酔八仙」。
その中で唯一の女性の仙人「かせんこ」がイラストの主役となっています。
また8人の仙人がそれぞれ手に持っている神器は、人々に幸福をもたらすとされ、
このバスボムを手に取ったみなさんに至福の時が訪れるように、との願いを込め、
それぞれの道具の色とバスボムの色が連動した作りになっています。

*デザインは、十和田市在住のデザイナー・吉田進さん(「字と図」)。 http://jitozu.com/
字、は文筆
図、はデザイン
「字と図」は、モヤモヤをデザインで解決するご夫婦デザインユニット。
「八仙」の名の由来をひも解きながら、
女性が手に取りたくなるようなかわいらしさを目指しました。
試行錯誤を繰り返し、ナチュラルで日本らしい、
そして八仙らしい愛嬌たっぷりのパッケージに仕上がりました。

酒粕やアロマの香りが逃げにくいよう、二重の包装になっておりますが、
本来の香りのよさを最大限お楽しみいただくため、
できるだけお早めにお使いいただくことをおすすめします。

大切な方への贈り物としてお使いいただけるよう、
6種類の詰め合わせのギフトなどにも対応いたしますので、
お気軽にお問合せ下さい。
八戸酒造 0178-33-1171

2019/06/07

Star product birth audition

3月23日(土)仙台市卸町INTIRAQで開催された
「スター商品誕生オーディション」(主催:Startline(㈱フェリシモ))
にて、弊社商品「酒粕バスボム 八仙美人の湯」がプレゼンテーションを行い、
見事、6社様に採用となりました!!!!!

フェリシモ様
カネイリ様
東急ハンズ様
ホテルメトロポリタン仙台&仙台east様
蔦屋書店多賀城市立図書館様
楽天様

これまで弊社酒蔵と、青森県内のみでのお取り扱いでしたが、
今後は上記店舗様でも購入していただけるようになります。

採用いただいた企業様、
また今回の商品企画開発の一連をバックアップしてくださった
フェリシモ様はじめ多くの皆さまに改めて感謝申し上げます!

そしてこの日、弊社以外に7社がオーディションに参加されていました。
業界やジャンルもそれぞれでしたが、いずれも
「誰かを幸せにできるような」熱く温かい想いのこもった商品ばかりで、
それらに携わった方々に出会えたことも、貴重な経験となりました。

お世話になったみなさん、本当にありがとうございました!!

About Ganja Natural Sake Club

Revitalize the natural rice paddies of Kanisawa,
and experience brewing sake with natural rice.
Only members of the Ganja Natural Sake Club can take part in these activities
as they work together to produce an original natural sake.