Information

2019/06/21

"Festival des magasins d'été Hassen" Le 15 juillet (jour de la mer) a lieu!

今年で3回目を迎える「八仙夏の蔵まつり」
7/15海の日に、弊社の蔵全体で開催します!

八仙と音楽、マルシェ、アート&キッズコーナーなど
大人も子どもも楽しめる夏の蔵まつり。
今年も盛りだくさんの内容でお待ちしております!

そして!2部のライブゲストはなんと坂本美雨さん!
席数限定のスペシャルライブとなっておりますので、
お早めにどうぞ!チケット発売は6/10から。

詳細は下記およびチラシをご覧ください。

**********

「八仙夏の蔵まつり2019」

○日時:2019年7月15日(月・祝)海の日
*第1部11:00~16:00 / 第2部 16:30~18:30
○メイン会場:八戸酒造(株)新井田川沿い駐車場他
(八戸市湊町本町9番地)

【第1部】「蔵びらき」
入場料1,000円(20歳以上、オリジナルグラス&樽酒or冷製甘酒付き、こどもは無料)+ドリンクチケット1枚

1◎八仙マルシェ
・料理とドリンクをお楽しみいただけます。
時間:11:00~16:00
場所:八仙マルシェ(新井田川沿い駐車場)
料金:各店舗にてキャッシュオン
出店店舗:(飲食)55kitchen&DELI、すみさけみなみ、白浜女房、がんこおやじ、庄屋、南部もぐり
(クラフト)津軽びいどろ(酒器)、他

2◎BAR 八仙
1杯300円~夏酒はじめ、限定酒や飲み比べセットも楽しめるコーナー。
時間:11:00~16:00
場所:①「八仙マルシェ」内 ②煉瓦ホール
料金:チケット制(受付にて販売、1枚300円)

3◎CAFÉ 八仙
八仙オリジナルスイーツとコーヒー、また限定の日本酒を楽しめるカフェ。川沿いの風景を眺めながらゆったりとしたひとときを。
時間:11:00~16:00
場所:CAFÉ 八仙(旧淡路カフェ、蔵の並びの川沿いの店舗)

4◎KIDS スペース
・蔵が子供たちの遊び場に?
時間:11:00~16:00
場所:西蔵前屋外スペース(新井田川沿い駐車場)
料金:無料
内容:「巨大エアドームで遊ぼう」「巨大しゃぼん玉で遊ぼう」他
協力:現代芸術教室アートイズ

5◎河合愼平ライブペインティング
アーティストの河合愼平さんによる水墨画ライブペインティング。蔵の昔の道具類や映像の展示コーナーもあり。
時間:11:00~16:00
(ライブペインティングは13:00-15:00)
場所:北蔵2階
料金:無料
DJ:NAOYA

6◎船ロック!in屋形船
・蔵のすぐそばから出発する屋形船。バンドの生演奏を楽しみながら乗船できる便もあり!
時間:11:00 1便 / 12:15 2便 / 13:30 3便 / 14:45 船ロック便
場所:新井田川沿い屋形船桟橋
料金:1,500円(かっぱえびせん付き)
受付:定員40名、要事前予約
tel:0178-35-4415 (八戸屋形船新井田丸)
協力:八戸屋形船新井田丸、みちのくリサイクル
*各便の出演者については、
船ロック(アンドウ)080-3149-5629まで。

7◎蔵見学
・弊社蔵人が建物内をご案内。
時間:11:00/12:00/13:00/14:00/15:00
(1時間毎、正味40分)
*各回20名様程度、予約優先
場所:八戸酒造酒蔵
料金:無料(がんじゃのお酒1杯付)

【第2部】坂本美雨スペシャルライブ
坂本美雨+haruka nakamura +田辺玄、
豪華メンバーによる酒蔵ライブ!
■会場:八戸酒造 北蔵前の屋内スペース
■時間:16:30~18:30 頃(開場16:00)
■料金:5,000円 入場料込み
(オリジナルグラス&樽酒or冷製甘酒付き)
中高生は2,000円(ライブのみ)、小学生以下無料
※このライブチケットで第1部も入場できます。

■ライブチケット取扱い先
①八戸酒造㈱(平日8:30~17:00)tel:0178-33-1171
➁カネイリミュージアムショップ<はっち1F>(10:00~19:00)tel:0178-20-9661
③イープラス
■購入ページURL
https://eplus.jp/sf/detail/2990720001-P0030001

※定員200名(定員になり次第締め切り)
※6月10日(月)から販売開始致します。

○主催・お問い合わせ:八戸酒造株式会社
tel.0178-33-1171
e-mail:info@www.mutsu8000.com

Club de saké naturel Ganja(Kanisawa)

À la préservation de l’environnement du quartier de l’eau de source de Kanisawa,
revitaliser les rizières naturelles de Kanisawa,
et expérimenter le brassage de saké avec du riz naturel.
Seuls les membres du Club de saké naturel Ganja peuvent prendre part
de ses activités en travaillant ensemble pour produire un saké original naturel.